意欲的に仕事に取組むベトナム人研修生と仕事をするのは楽しい!

Vietnamese Trainee

ウェブ開発分野におけるベトナム人派遣の活用について

ベトナムと言えば、以前アメリカのオバマ大統領がホーチミンを訪れるなど、発展著しい国として注目されています。特にベトナム人の勤勉な国民性は非常に評価が高く、近年ベトナム人研修生の人材派遣についても若くて質の高い人材が多いと評価が上がっています。その中でも特にベトナム人研修生の人材の活躍の場が多いのがウェブ開発などの現場での技術人材での派遣・紹介です。
ベトナムには多くの日系ウェブ関連企業が既に進出しており、人材の育成、確保を行っています。そのため、ベトナムの若い人の間で人気の職業となっており、多くの優秀な技術人材が市場に出てきています。彼らは勉強熱心で、成長意欲が高いため、言語の壁の少ない開発コードを書く分野などでは、時に日本人制作者よりもはるかに高い技術とパフォーマンスを発揮してくれます。
ただ、注意をしなければならないのは、ベトナムにはウェブ開発などの現場でよく見られる、指示を出す「ディレクター」という呼称の職業がないため、そのような人材を募集する際には、注意が必要です。Directorは「取締役」の意であると一般的には認識されているため、ベトナム派遣の方にそのまま発言すると多くの人が首をかしげてしまいます。
ベトナム人研修生の派遣の特性を理解してお互いが良い関係で仕事を続けられる職場作りをしていきましょう。

期待されるベトナム市場とそのベトナム人

海外労働者が増えてきている日本ですが、その中で特に日本はアジア特に東南アジアを中心としたビジネスを積極的に行う企業が増えてきています。
特に新興国は人件費が安く製造業の企業にとっては魅力のあるエリアとなっていますが、特にベトナムは有望地域として選ばれることは少なくありません。ベトナムという国が経済成長しており、これからも堅調にその成長率が伸びていくであろうという期待が持てるのは、人口が増えていることと、若い人たちがかなり多いという傾向、そしてベトナム人研修生の気質が勤勉で一生懸命仕事に取組むという姿勢があるからです。
それで日本に仕事のために来日するベトナム人研修生が増えており、人手不足を解消するための外国人労働者としてベトナム人研修生を採用したいという企業は多いです。
そうした人材を派遣する業者があり、ベトナム人研修生を雇用することのメリットを享受することができています。そして今現在では海外に進出していないものの、もう状況が整えばすぐにでもそれをしたいという気持ちを持っている日本企業はベトナムをまず第一に選ぶかもしれません。その時に、自分の会社にベトナム人研修生をすでに雇用しているということが有利であり、物事をスムーズかつスピーディに進める助けになってくれます。

有用なベトナム人を雇用するために人材派遣を活用する

人手不足はこれからさらに深刻になっていくかもしれないという状況が続く中で、さらに海外に進出していき、日本市場だけでは成長が難しいと感じている企業はたくさんあります。
ベトナム製の商品が日本にかなり出回るようになりましたが、ベトナム人研修生が作る製品はクオリティがよく、手先がとても器用であり、製造業や繊維関係のものを得意としています。小柄で肌の色も日本人に近く、違和感のない雰囲気を持つベトナム人研修生を好感する日本人は多いですし、若くてパワーがあり、仕事に意欲的な気質も、日本人とよく似ています。
ベトナム人研修生の人材派遣をする業者があり、そうしたところを通して、ベトナム人研修生を派遣してもらえるのですが、そうした人材派遣の業者は、ベトナム人研修生の中でも戦力になりそうな、体力があり、しかも頭のよい人たちが登録されている事が多く、有用な人材を探したいという場合には手っ取り早く見つけることができるので活用することができます。
きちんと教えればすぐにその仕事を覚えていき、仕事を任せることができるまでそれほど時間はかからないでしょう。彼らは必死なので、最近の若い日本人よりも意欲的に仕事に取組むかもしれません。質のよいベトナム人研修生と仕事をするというのは楽しいことです。